FC2ブログ

記事一覧

まったり(仮)

なんでも結構です。フリートーク気味によろしくお願いします。
議題が出てきたらタイトル変えます。

あ、そうそう本門の本尊の件、11/18以降に書きます。筆不精ですみません。これはここでの議題ではありません(笑)
スポンサーサイト

コメント

こんにちは。

はじめまして。
5chの創価・公明板で投稿していた、しがない名無しの者です。学会三世で過去に活動経験あり、現在は全くの非活で、組織から離れて10年くらい経っています。
鯛焼きさんのブログを読んで色々と思うところがあり、5chでシニフィエさんの成り済まし問題についてボロクソに言ってました。
その後5chには珍しい?真面目なアンチの方と議論になり、その中でシニフィエさんや鯛焼きさんへの印象も当初と変わる所もあったり、自分にとっての創価学会という存在について考える機会となりました。ちなみに5chでも鯛焼きさんへの批判も書いちゃいました。すみません。
議論を進めるにあたって何度も何度もこのブログを訪れていたので、現状鯛焼きマニアみたいな状態になっております(笑)
そのやり取りも終わってしまい、まだ考えたり書いたりしたい事が残っているのですが、これ以上5chでやるのは無理かなと思ってここへ来ました。
もし差し支えなければ投稿を続けさせて下さい。よろしくお願いいたします。

Re: こんにちは。

コメントどうもありがとうございます!

どうぞご自由に投稿ください。
時間が取れない場合もありますが、どうぞよろしくお願いします。

ありがとうございます。この場をお借りして考えている事などを書かせて頂きます。
その前に、もう少し詳しい自己紹介というか、背景を書いてみます。
先に書いたように、私は10年来の完全な非活で、普段は外部の人と全く変わらない生活をしています。違いといえば家に仏壇と御本尊がある事と、ポストに聖教新聞が入ってる事くらいだと思います。
なので、いつもは創価学会の事を深く考えてるわけでもなく、一社会人として仕事と家庭の事を考えながら暮らしてます。
しかし、子供の頃から30年以上学会員として生きてきた為か、ふと創価の事について考えたり、思いを馳せるような時期があるんですね。今回鯛焼きさんのブログを読んだのも、そういう周期の中での出会いでした。
そしてお二人のやり取りを読んだわけなんですが、鯛焼きさんの主張の中の「対話ブログの体験は本当で、聖教新聞の体験談は信用に値しないとなぜ言えるのか?」という質問にまず共感しました。以前から対話ブログを読んでいて私が違和感を感じていた部分の1つがそこだったからです。
というのも、私は完全非活ですが聖教新聞の体験談だけは愛読していて、妻(外部) に悟られないように天井を見上げてうるうるしている事もあったりします。また活動家時代、会合で体験発表を聞くのも大好きでした。それを、まるで嘘で固めたまやかしのように言われる事への反発があったのだと思います。

何だかとりとめない自分語りみたいになってますが、私がお二人のやり取りに興味を抱いたのはそんな事からでした。
まったりというタイトルに甘えて少しずつ書かせて頂きます。まとまってなくてすみません。

また、私は過去に1度だけ対話ブログにコメントを送った事がありました。
今思うと、その聖教新聞の体験談の事や、学会員が功徳というニンジンをぶら下げられて選挙活動をしているといった極論に疑問を呈したかったのだと思うのですが、そこに至る前にコメントは削除されました。
最初は意味がわからず混乱しましたが、どうやら自分が「成り済まし」と認定された為に投稿を消されたのだとわかりました。もちろん私は成り済ましでもないし、嘘などまったくついていません。
その時は、貴重な休日を無駄な事に使ったなくらいにしか思ってなかったんですが、お二人のやり取りを読んで「おいおい」と思いました。人を成り済ましのウンコタレ扱いしといて自分は平然とやってたわけ?と。
そんな経緯もあり、バイアスのかかった状態で5chにシニフィエさんの批判を書いていたわけです。最初の印象では、鯛焼きさんを言い負かせなかったからスレを消したとしか思えなかったし、そのくせそれがアップされたら成り済ましで逆襲しようとするってなんちゅうオッサンだと思いましたからね。
また明日以降、今自分の考えてる事をなるべく整理して書きたいと思います。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
ひとまず、どんどんお書きください。よろしくお願いします。

こんばんは。昨日の続きです。
5chに書き込んでいる最初のうちは、成り済ましは許されないという正義のもとに、シニフィエさんの卑怯な行為を糺している気になっていました。
しばらくして、おてもやんさんが対話ブログで成り済ましについて直接忠言をされるという事がありました。高みを目指しているから容認できませんと明確に言われているのを読んで、信念を貫く姿に感心するとともに、自分も他人を攻撃して喜んでいないで、少しはその姿勢を見習わないといけないと反省しました。
その後、鯛焼きさんが創価の悪い所を知っててすっとぼける悪党(ご本人のブログにこんな事をそのまま書くのは非常識ですね。ごめんなさい)なので、そんな相手には成り済ましするくらい何の問題もないと主張されるアンチの方と議論になり、結果としては平行線のまま終了した。という所までが状況説明となります。
そのやり取りを簡潔にまとめるのは難しいのですが、それはここで書きたい本題ではなく、議論の中で自分が気づいた事、またそこから考えた事について、鯛焼きさんや他の方にも意見をお聞きできればと思ったのです。
次こそ本題に入れればいいのですが、今日はここまでしか書く時間がありませんでした。

No title

思うところがあり、もう少し書かせて頂きます。
鯛焼きさんが「本部職員」や「アルバイトで雇われたネット工作員」という憶測は、直接本人に問いかけてから判断すべしと思います。
聞いたところで証明にはならないかもしれませんが、少なからず陰で印象操作のようなことをするのはフェアじゃないと思いましたので。

一方で私もchでかなり中傷されましたが、それも「ネット工作員の仕業」に他ならないと言われたことがあります。

私は以前書いていたアンチブログを自分で削除して、今のブログ(9ヵ月ほどになる)では創価の批判など全く書いていません。
むしろやりたい人にはエールを送り、一部のアンチに疑問を投げかけているくらいで、本部に恨まれるようなことは何もしていない。
書いているのは、創価とは無関係のただの個人的なボヤキです。
なのに創価板のchで延々と「男に飢えた雌豚」だの「人の家庭を壊すのが好き」だの、中傷を最近まで書き続けられました。

まあ誰かはわからないけど暇な人がおもしろ半分で書いたんでしょうが、これがなんで本部の工作員?
何の影響力もない、ただのコモノ主婦を、巨大組織がお金をかけてビジネスの相手にする?

何でも工作員に見えて、工作員となると目の色が変わる人って何だろう?
今は誰だってネットくらい見るし、本部の人だって当然見るだろうし(見ない方が不気味ですよ)書き込みくらいするでしょう。
それがそんなに脅威なことかなあ?

私は的外れなことを言ってるのかもしれないけど、わからないことはわからないと言いたいし、疑問に思うことは素直に問いたいだけなんです。
変なボヤキですいません(__)

PS:梵我一如さん、コメントを読んで頂きありがとうございました。

ストロングスタイル

いやぁ、鯛焼きさん、シニフィエさんとよく対話したね。凄いよ。

なんなん?びっくりする印象操作。
事実誤認。面倒クセー。マジ面倒クセー。

創価のインチキも霞むわ〜。

あ、ごめん、インチキって言って。
つい、本音が。(笑)

あちらでコメントやめようと思ったけど、
インチキはイカン。 
ストロングスタイルで行ってきます(笑)

楽しんでください。ハグレ国際軍団、
突撃〜!

本題行きます。大きく分けて2点になると思いますが、まず1つめです。
シニフィエさんがスレを消したのは、自分が大切にしていた友人とのエピソードを鯛焼きさんに「空論」と言われた事に対する怒りや悲しみからだった。という見方について考えてみました。
彼のそれまでの態度は、相手を言い負かしたいという勝他の念に満ちているばかりか、鯛焼きさんをいびるような底意地の悪さすら感じさせるものであったので、そんなやり取りが続く中でそこだけ純粋に怒るのは身勝手過ぎだろうとも感じました。しかしその感情だけは、十分に理解できるものでした。

信仰や組織から離れた身の私が未だに体験談に心をうたれるのは、この信心はすごい力があるという事にではなく、人が自分の弱さや厳しい環境を乗り越える姿を美しく思うし、そこに寄り添い励ます人たちの真心を尊いと思うからです。
私のような半端者ですらそうなんですから、現場で格闘している鯛焼きさんならば尚更それらの思いは強い事だと推察します。
そうであれば、鯛焼きさんとシニフィエさんは立場こそ真逆ですが、大切にしているもの、軽んじられて怒りを覚えるものは、実は同じ性質のものなんではないでしょうか。
そしてそれが見えなくなってしまう原因は、相手を言い負かしたり議論に勝とうという気持ちにあるのではないでしょうか。

私自身も、シニフィエさんへの批判をする中で対話ブログの人たちを「シニフィエ教だ」「シニフィエ丸の乗組員」などと揶揄していました。あの場所が彼らにとって再び立ち上がる為に大切な場所であり、そこでのやり取りによって癒されたり励まされたりしていること。
そこに思いが至らなかった私は、アンチの方に議論の冒頭で言われたように、やはり鈍感であったと思います。

Re: タイトルなし

様々コメントくださりありがとうございます。
ひとまず。1点目についての私の見解を書かせてください。

確かに、シニフィエさんが友人とのエピソードを持ちだし、それを私が空論と否定したがため、ブログを削除したという見方も成り立つかも知れません。

ですが、私はやはりそうは思いません。
というのも、私が、彼の友人の話を否定したあと、彼は再度冷静にやり取りをしているからです。

そして、
>2018年7月27日 11:52
>鯛焼きさん、あなた単なるネット流民のかまってちゃんですよね。
というコメントを書かれたので、

2018/07/27 17:31付けで
私から対話を申込ましたので、私のほうからやめます、と言えば「大本営発表」となってしまいます(笑)対話継続を希望する信者さんも少ないようですし、本心はおつかれで対話をやめたいようですから、シニフィエさんのほうで「対話終了」みたいに書いてもらったほうがいいと思います。

と反論したところで、速攻でブログを消されたんですね(笑)

もろに感情的になって消されたのが瞬時で分かりました。

もちろん伏線として「友人の話を否定された」ことを根に持った、というのは否定しませんが、私はそれは間接的な動機で、あとから都合の良い脳内変換をなされたのだと解釈しております。

ともあれ、勝手にスレッドを削除した行為そのものは、私からしてみればとても看過できることではありません。

いくら友人の話を否定されようが「対話」なのですから、であれば、私が否定したという論を、逆にシニフィエさんは正々堂々と私が納得できるまで対話すべきだったと思ってます。

おはようございます

こちらこそ、お忙しい中つらつら垂れ流しのような投稿を読んで頂きありがとうございます。
やはり当事者であったり鯛焼きさんから意見をお聞きするのは有難いなと思います。今までずっと「こうなの?ああなの?」と想像しながら読んでいたし、シニフィエさんの投稿がとにかく長いのでめちゃくちゃ大変でした。
大変ですが、ご指摘の点に気をつけながらもう一度読んで考えてみます。

Re: ストロングスタイル

ストロングスタイルで、ガンガンと語ってきてください。

メイウェザーVS天心が流れた今、視聴率が取れるのは、、、

梵vsシニフィエのおっさん対決です!(笑)

おっさんじゃね〜!

確かにオッサンだけど、

昨日小学生の女の子に
お兄さんて言ってもらったぞ!

間違えたんだと思うけど。

多分すぐ退散すると思うわ。(笑)

Re: No title

ネットは便利な反面、イヤな面も多々ありますね。何事もそうでしょうけど。

自説の都合によって、工作員にしたり、そうでなかったり。

そんなレッテル張りなどせずに、もっと勉強して「言論」で納得させればいいのに、と思ってしまいます。

>変なボヤキですいません(__)

いえいえ、ボヤキではなくド正論だと思います。
また思うことありましたらコメントしてくださいませ!

Re: おっさんじゃね〜!

でも、あれほどシニフィエさんからラブコールを送られるって珍しいのでは?

梵兄さんのことが好きなんですよ、きっと(笑)

私なんか一発でスレ削除で、なおかつ出禁ですからね。

まあ私としては、シニフィエさんは大聖人をも否定しているお方ですので、ここはまず正統派で「仏とは・・・!」と納得させてあげてください。楽しみにしてますよ!

サクッと終了。

師匠こんばんは~。

大将が宜しく言っとりました。

全然関係ない話なんだけど
創価の元職員三人組みたいな、執行部が池田氏の意に反していると言う考え方の人についてどう思う?

tsさんにも聞いてみたい。

私の感想。我見。

シニフィエ童話の扉をこじ開けた
ボンさん。
勇気に驚愕。

そもそも、鯛焼き汁男優?が、

いや、すまぬニダ。
いやらしい意味は無いので、、、。
すみません。
https://youtu.be/qLvpKif2IRE

800万こうがしゃ?のブログに
ドンキホーテよろしく、
挑むのは、凄い!尊い!
disりコメントになるのを恐れますが、

あんたぁーわ、偉い! by小松政夫。

駄文コメント失礼しました by電線マン。

三人組の件

 特殊学会員のレッテル貼りはいい迷惑ですよ、、、。(笑い)

 入信したタイミングが世間からボロクソ叩かれたときとか、当時からアンチ宗教の思考を持っていた背景がそうさせているだけですよ、、、。

 男子部副本、壮年副支部までの責任職でいろいろな地区に派遣されましたが、会合に参加されない未活非活の方や、未来部の激励とかを主戦場として発心された方も多く、それなりに現場の幹部からは一応感謝されている人材なんです。(笑い)

 さて三人組の件ですが、信濃町の中は末端の私どもには知らない世界ですから、そこそこ名の知れた幹部の言動とか出てたので、野次馬的な思いで始めは興味深く拝見しておりました。(笑い)

 ただ自分たちの活動資金が会員から集めていると知ってから、創価純粋培養のつぶしがきかない典型的なダメ職員だなあというのが、正直な感想です、、、。

 忠言耳に逆らうほどのことを、会長に直言するなら辞表届を胸にそれなりの覚悟をもってないと、、、、。

 失職して法的手段で訴えるなんて覚悟の底の浅さが如実に表れているなあと思いました。新たな分派組織を作ったとしても近い将来瓦解してしまうだろうと予測しております、、、。

 安保法制の是非、師弟関係、内部改革の有様、違う意見に対しての組織の器量、名誉会長職の中枢に対しての権限の有無など、多岐に渡るテーマになるので、質問の意図をもう少し絞っていただければと思います。

 蓮のカーテンの中のことですから、想像でお答えすることしかできませんが、三人組の安保法制の問題提議は、公明支援に関わる事なので賛成の立場からお話しできると思います、、、。

 創価の欺瞞を抱いている梵我一如さんにとっては、そこ以外の所をツッコミたいのではと想像しておりますが、、、。

鯛焼きさんこんばんは。遅くなりましたが、該当箇所を中心に再読しました。
改めて思ったのは、シニフィエさんは何というか、かなり不安定な人なんだろうなという事です。
友人とのエピソードを紹介してそれを鯛焼きさんに軽んじられた直後のコメントで「もう終わりにしませんか」と書いているので、やはりそこは彼にとって引き金になったのではと思います。
しかし、そのエピソード紹介の直前のコメントでは、鯛焼きさんの「友人の悩み」への問いに対して、本当にこれでもかというくらいバカにしきった態度で、(笑)連発の回答をしていましたね。流れを追いながら読むと「えっ、急にキャラ変わるの?」と不思議に感じました。
なので対話の当事者であった鯛焼きさんが「後付けの脳内変換」と感じられたのもわかる気はしました。

私は彼が一方的にスレを消去した事も、その後成り済まし投稿をした事も、社会通念上の良識に照らして間違っていると思っています。
ただ、シニフィエさんが大切にしている友人とのエピソードは共感できるもので、その気持ちは尊重してあげたいと思いました。

鯛焼きさんは私の意見に対して受けとめてくれ、許容できる部分については許容する姿勢を持ちながらご自分の見解を述べてくれました。その冷静さは鯛焼きさんの長所の1つだと思います。

2つ目の本題等については、火曜日くらいに投稿させて下さい。

こんにちは。

tsさんありがとうございます。

すいません、特に三人組さんに思い入れがある訳ではなく、活動家の皆さんはどう思われているのか聞いてみたかったんです。

安保法制や沖縄の知事選など諸問題ありますが根本は池田先生の思想の解釈の問題では無いのかと思っています。

学会の究極は師弟不ニだとおもいますが、
師弟というのが、あまりにも漠然としすぎていて、個人個人で師弟というものの解釈の幅に大きな差がある気がします。

鯛焼きさんとtsさんも師弟と言う物の解釈や温度差が違うでしょ?
 
そう考えると師弟論争みたいになって、
いらん分裂の因に師弟論がなっている気がします。

なので師弟不ニは無いほうがいいんじゃないですか?

Re: タイトルなし

>ただ、シニフィエさんが大切にしている友人とのエピソードは共感できるもので、その気持ちは尊重してあげたいと思いました。

この点については、私としては友達だけに通じるやり方ではなく「万人に通ずる方法」をシニフィエさんに答えて欲しいという気持ちが強かったのも事実です。「(私が万人に通ずると信じている)創価の教え」をシニフィエさんが否定するなら代替案を出してくれ、という想いです。だから「では女の子では?赤ちゃんではどうなんですか?」といった話に持っていたんだと記憶してます。

確かに話の持って行き方が急すぎたかもですね。
じっくりと「なるほど。それでその友達はどうなりました?」とか「大変でしたね、続きを聞かせてください」なんて風に持って行けば、まだ話が続いたかもですね。

No title

鯛焼きさんこんばんは。
ひとつ前の自分の投稿に誤字があったので編集しようとしたら、「このコメントは管理者の承認待ちです」となってしまいました。
申し訳ありませんが再度承認をお願いいたしますm(__)m

2つ目の本題の前に、いただいたお答えを読みました。記憶を辿っていただきありがとうございます。
議論の進行と共に鯛焼きさんの思考や感情にも流れがあり、その中での対応だったという事ですよね。
この件については、鯛焼きさんがシニフィエさんの気持ちを無視したから悪いとか考えているわけではないので、議論の当事者同士に感情のすれ違いがあったものだと理解しました。
文字だけを頼りにするネット上でのコミュニケーションって難しいものなんだな、と改めて感じます。

2つ目は、今回いろいろ議論したり読んだりする中でずっと考えていたのですが、「創価学会」というものに対しての認識が人によってこうも違うんだなという点についてです。
シニフィエさんを始め対話ブログで創価を厳しく批判している人たちも、元々は学会員として多かれ少なかれ活動していた人が多いと思います。
彼らの多くは、新聞の体験談が嘘っぱちであると感じていたり、功徳が出るからと洗脳されて選挙活動をしていたと感じていたりする。また、創価に騙されて人生における貴重な時間を浪費させられたと後悔している。
私は元活動家という点では彼らと同じであり、創価学会に問題はあると思いながらも、彼らのように感じた事はほとんどありません。

個人的な話ですが、今年の3月から我が家には電動の仏壇と御本尊が安置してあります。非活となり、結婚して引っ越してから10年ですが、両親の強い希望を受け入れ受持に至りました。
授与にあたり地元の会館で入会勤行会があるとの事で、土曜の夜に車を飛ばして地元に戻り、約10年ぶりに会館の門をくぐりました。
子供の頃から知ってる地区のおっちゃんおばちゃんもみんな来てくれて、いの君良かったねえと喜んでくれてました。
一緒に勤行唱題して感じたのは、みんなわざわざ土曜の夜にゆっくりしたいだろうに、半分逃げるように組織から離れた自分の事を心配してくれてるんだなと。
3月ということで、当然3.16までに成果を上げるという事情もあったと思いますけど、そんな事は関係なく感謝の気持ちと申し訳なさを抱きました。
行く前は、男子部時代の嫌いな先輩に会館で会って「いのは退転だよ。家族という魔に負けているんだ!」とか冷たく言われたら悲しいなとか考えてて、まあ言われてもその通りなんですけどね(笑)

選挙活動の事についても、私自身今でも積極的に公明党へ投票しているのは功徳も罰も全く関係ないです。
活動家時代、小選挙区で候補が落選してしまった事がありました。以前には候補付をさせていただいた事があり、実力的にも人間的にも心から尊敬できる方でした。その方が落選した時、涙を流して悲しんでいた人たちの姿は今でも忘れません。功徳が欲しいとか、そんなチンケな気持ちで支援していた人が流せる涙ではなかった。
自公の連立政権を支持しているという理由ももちろんありますが、公明党にはそういう思いを背負った政治家を産む土壌があると信じているから、今でも公明党に入れています。

前置きが長くなりましたが、私にとっての創価学会は離れた今でもそういう暖かい存在です。でも対話ブログに集う多くの人は「そうじゃない創価学会」を感じている。
昔、仏教ものがたりという本で盲人が象を撫でて「象は○○だ」「象は××だ」と評価する話を読んだのですが、考えるなかでその話を思い出しました。
創価を詐欺団体と斬って捨てるシニフィエさんを始めとする方々は、私とは違う創価学会の姿に接していたのか。それとも、同様の経験はしつつもそんな事は凌駕してしまうほど嫌な体験をされたのか。
彼らから言わせれば、私の感じている創価学会こそが盲人の的外れな評価なのかもしれません。
いずれにしても、象を認識できない我々が愚かであるという意味ではなく、それこそ星の数ほどいろんな「創価」があるんだなと思いました。
これは問題提起でもなく単なる私の感想かもしれませんが、書きたかった事を書いてみました。

私が考える師弟論

 私のような師弟フニャなものが師弟論を語るのには抵抗がありますが、現場において私が感じていることをお話しします、、、。

 宗門は日寛上人の解釈を是、創価学会は池田先生の解釈を是としているので、師弟の精神をなくすのがいいとは私は思っておりません。

 師弟不二の精神といっても、牧口先生においては戸田先生、戸田先生においては池田先生、日蓮大聖人においては日興上人と、事実上においては、それ以外の方が師弟不二の精神を体現されたというのは、いないのではないでしょうか、、、?

 各々会員が信仰の目的を成就できるよう、師匠の指導を目指すべき指針、規範として日々精進していくことが、肝要と私は捉えております、、、。

 私の紹介者は池田先生のことを盲信するような方ではなかったので、私が疑問に思うようなこともフランクにお話しできる方でした。

 お嫁さんの方は常勝関西の婦人部らしく、御本尊様と池田先生は絶対やで、行き詰まったらお題目と先生の指導を求めるんよ、とお話しする方でした。

 旦那さんには厳しく指導され、嫁さんが常にやさしくフォローしてくれていたので、情はお嫁さん、理は旦那さんという構図でしょうか、、、。(笑い)

 そのご夫婦をみても師弟論の解釈や温度差はありましたが、夫婦分裂の因になるとは私は思っておりません、、、。(笑い)

 かといってそのお嫁さんが、絶対といいながら池田先生を教祖のように信仰の対象にしているかというと、そうじゃないんですね、、、。

 女性というか婦人部の方の考えに理解しがたいところは、小さい声でしかいいませんが正直少しありますね、、、。(笑い)

 会員のなかにおいても池田先生に対する思いは千差万別、婦人部のなかでも先生はあまり好きではないという醒めた幹部の方もいますし、だからと言って非活脱会するわけでもなく、信仰と組織活動を分けて考えている方もいます、、、。

 活動家が池田先生にMCされているとのアンチの方の意見は、現場をよくわかっていないステレオタイプの偏見と思います、、、。

 中枢が歴代会長を神格化し、純化路線をとり、魔女狩りやマッカーシーの赤狩りのようなことでもすればわかりませんが、師弟論で分裂するというのは杞憂かなと私は思っております、、、。

 師弟論においては鯛焼きさんとも違いはあると思いますので、お伺いしたいところとも思っております、、、。

 赤狩りのようなことが起きれば、鯛焼き支部長に報告(密告)され、師弟フニャな私が見せしめに狩られてしまうかもしれませんね、、、。(冗談です、笑い)

 

Re: 私が考える師弟論

TS様、ありがとうございます。

>各々会員が信仰の目的を成就できるよう、師匠の指導を目指すべき指針、規範として日々精進していくことが、肝要と私は捉えております、、、。

師弟論ですが、私も基本的にはTSさんとそうそう変わりません。本部職員説が根強いですが(笑)、本部職員ならもっと過激な師弟論かも知れません。

人間、自分だけの決意とかでは弱いもので、なかなか行動に結びつかないことも多いでしょう。

でも幼少の頃に(お母さんから言われから)買い物に行った、とか(学校の先生がこう言ってから)宿題を頑張れた、というように、他者の意見によって自分の行動が押された経験は誰もがすることでしょう。

基本的には、その延長で、師弟とはそんな考え方なんだろうと思います。

さらに人生論として昇華した場合、「自分」がこうしたいからこうする、という生き方では、そこそこの人生は歩めるでしょうが行き詰まりもあると考えます。宿命の打破などは色々突っ込みが来るので置きます(笑)

そこで、もう一歩より良き人生を歩むために「師匠」がどうしても必要になってくる。このように私は結論づけております。

師匠の言われた通りに行動する。
師匠の言葉を励みにして苦難を乗り越えられた、みたいな感じですね。

原理主義トリオ

ナルホド正論デスネ。
聞きたかっただけなので、特に突っ込みはやめときます。

でも僕が創価の大幹部なら、

鯛焼きくん!tsくん!甘いよ!君たちの言っている事はただの師弟だ!
それは簡単だ!違う、師弟不ニなんだ!

と言うと思いますよ。(笑)

池田先生を普遍的に捉えて、先生も人間だもの間違いもあるよ。ぐらいで捉えればいいと思うけど、絶対だ!と捉える人もいるので、悩ましいとこだと思いますよ。

三人組さんは、絶対だ!の人かな?
それに同調するかたもいますよね?

池田思想というのは、定義が無いというか曖昧な感じでハッキリしないので、やはり難しいですね。

ありがとうございました。

何時も有難うございます。

創価ブログで
読み応えある鯛焼き支部長のブログは、
楽しいですね♪

新たなコメンテーターも陸続と。
喜ばしい限りです。

TSさんを始めとし、
聡明な方々からのコメントを楽しみに
拝して居ります。

師弟論は、良いテーマです。

私の人生、
私の生命、
私の信心の
それは、大聖人様です。

世間一般では、
鎌倉時代の乞食ボーズです。
頭のおかしい日蓮って言うらしいです。
カルトな坊主らしい、、、。
駄文コメントまいど失礼しました。

Re: 原理主義トリオ

>池田先生を普遍的に捉えて、先生も人間だもの間違いもあるよ。ぐらいで捉えればいいと思うけど、

私はそんな感じです。

でも宗門の方にもいませんかね?

猊下様は、大聖人とご内証が同じ仏様だって(笑)

すみません駄文でした。

いのさんへ

 シニフィエさんのブログに関わっていた非活の方が、またご本尊様を受持されたとのお話しに大変うれしく思いました、、、。

 いろいろとたまっている思いもありましょうから、無理にとは言いませんが、少しずつ思いを語っていただければありがたいな、と私は思っております、、、。

人間に絶対はないでしょう、、、。

>三人組さんは、絶対だ!の人かな?
それに同調するかたもいますよね?<

私は原田会長以下そのように思っている方はいないと思っております。

 創価の世界では、先生はこう仰っているというのは、水戸黄門の印籠のような効果がある組織文化ですから、自分の主張の正当性を訴えるために、師匠の指導を利用する輩も多いんですよ、、、。

 イラク戦争に自衛隊派遣を決めたときも、賛成反対論者、みんな印籠をもって主張し合っていましたよ、、、。

 かくいう私も、アメリカのブッシュよりの政策に賛成する公明党に憤りを当時は感じていました、、、。

 私の印籠は毎日新聞インタビュー、公明支援するために信心しているのではないとの記事、、、。

 一方反対論者は、激戦区の長編詩の激励記事、、、。

 先生の平和思想が公明によって崩れてしまう、、、。負け戦をすることが弟子の戦いか、、、。

 どっちが本音ですか、、、先生は二枚舌かと思うときもありましたが、今思えば青二才だったと反省しております、、、。(笑い)

 自身の公明不満の想いに先生の指導を印籠として利用しただけです、、、。正直言えば、、、。

 理想を語り、夢と希望を与えていく宗教指導者と、国民の生命と財産を守るために現実的な選択を迫られる与党政治家との間に、ギャップが生まれるのは当然のことと、今となっては思うのです、、。

 ですから三人組の方には、自己保身のために先生の印籠を使うのやめなさい、、、。

 自身の内から発した言葉として本気で思うなら、虎の威を借る狐のようなことはしなさんな、、、

 そんな思いですね、、、。

 私の先輩が影響を受けたと語っていた、

 「師に帰命を」

 という過激なことを男子部に吹き込んでいた元副会長の末路を知っているものからすれば、そんな常識はずれな言動をする幹部もいないでしょうし、創価大学の学生に先生が話した内容を聞いても、ご本人が一番そのようなことを望んでいないように私は思っております、、、。

 

 

TSさんへ

拙い投稿を読んで頂きありがとうございます。関わったと言っても数時間でコメントが消えてしまったので、本当に袖擦り合うか合わないか程度でしたが…(笑)

この数週間は鯛焼きマニアと化していたので、TSさんの投稿も何度となく読ませて頂いてました。鯛焼きさんとはまた違う魅力があって、桜梅桃李だなと感じていました。
私自身は、創価が嫌で嫌で離れたわけでもなく、今の道を選んだのもあくまで自分にとってこの方が良いと判断した結果なので、たまっている事はそんなには無いんですよ。
というか、むしろ自分が創価の事を結構好きなんだ、という事を自覚して少し意外でした(笑)
また、今までも幾度か創価学会というものについて考える時期がありましたが、今回はいろいろな方から触発を受ける事が多くあり、私にとっては実りある時となっているなあと感じています。

仕事の合間に少しずつにはなりますが、また投稿させていただきます。よろしくお願いします。

いのさんへ

いのさん、ご丁寧なご返事ありがとうございます。

 鯛焼きマニア化しているという言葉に、シニフィエマニア化している自分に気付き、思わず苦笑してしまいました、、、。(笑い)

 シニフィエマニアらしく自己紹介すれば(笑い)

 功徳のニンジンに見向きもせず、罰のムチには恐れもせずやり返し、覆いなんて取っ払って常に外部目線を意識し、広布のためにひたすら走る馬のように、自分の頭で考えることのできる創価脳に鍛えていただき、中枢の意向どおりお金と時間を青春時代から40年近くつぎ込んで、人間的に成長させていただき報恩感謝の想いをもった、被害者とも加害者とも思っていない一末端の壮年支部幹部です、、、。(笑い)

 こんな私でもお付き合いいただければありがたいことと思っております、、、。

 外部のお嫁さんでありながら、ご安置許していただけるだけでも感謝ですね、、、。

 文化祭の練習に励んでいた時の若いころ、信心してない女の子とデートを切り上げて練習を優先しすぎるあまり、フラれてしまった苦い経験があるので、羨ましい限りです、、、。

 今じゃ嫁と娘二人にタッグを組まれた日には、そちらを最優先せざるを得ない状況になりまして、あの時もっと彼女に配慮できる自分であったらなと、反省しております、、、。(笑い)

 要らぬ心配かと思いますが、そんな嫁さん泣かさないよう、絶対大切にしてくださいよ、、、。

 また学会三世の感覚、○chの世界、非活10年の思いなど、私には経験がないので、教えていただければありがたいことと思っておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

創価鯛焼き君

Author:創価鯛焼き君
バリ活の学会員で支部長やってます


にほんブログ村